街行く中、歌うこと・2

BLOG By つつい わたる

今日は新宿での路上ライブを予定していたけれど、

即座にストップをかけられてしまったため、急遽、吉祥寺に場所を変更。

吉祥寺のサンロード商店街にて、路上ライブをしてきました。

金曜の夜ということもあり、飲み会帰りの集団が多くいたなあ。

今日も多くの方に聞いて頂けて、チラシも受け取って頂けて、投げ銭も頂けて。

まだ路上をやり始めてさほど回数は多くないですが、毎回、関わって下さった方々に感謝の気持ちが尽きません。

ありがとうございます。

ここのところ路上をやりはじめて、はじめるまでは怖さもあったけれど、

今日の帰り道、改めて「路上ライブ好きだなあ」と実感した。

路上ライブでは、人間模様がよく見られる。これは、路上で歌うことの醍醐味のように思う。

通り過ぎつつも注目してくれる人、立ち止まって耳を傾けてくれる人、一曲二曲と聞いてくれる人。

いろんな年代のいろんな人が関わって下さるけれど、心の引っ掛かりになる部分はそれぞれだいぶ違うものだと思う。

僕は何となくだけれど、向けられる眼差しから、「この人はどんな背景で、どんなところから引っ掛かりを持ってくれたんだろうか」と想像する。

一瞬で通り過ぎていってしまうから、自分も歌いながら、一瞬で想像する。

歌を通して、ほんの一瞬ずつ、対話をしているような。

一曲、二曲と留まって聞いて頂けていると、

相手のことなんて何も知らないのに、

何となく共通の絆がその場に生まれるような、

不思議な感覚になる。

次の瞬間にはまたそれぞれどこかに行ってしまうんだけれど、

でもなんだか、心の握手は交わせたような、そういう感覚が残るんだー。

普段のライブでもそうだけれど、

路上ライブでも心の動きというのはダイレクトで、

そういうリアルタイムの一人一人との心のやりとりは、音楽というものなくしてできないことだなあと感じます。

路上ライブをしている最中は、聞いて下さる方とだけでなく、

街の空気、騒音、周りの状況なんかと、常に心のキャッチボールをしているような感覚です。

一期一会、一瞬一瞬移り変わる状況に、特別なライブ感を感じます。

だから一曲一曲、瞬間瞬間を大切に歌います。

出会いや縁というのは、決して「連絡先を交換した」とか「長い付き合いになれそうな人をみつけた」とかそういうことじゃなくて、

その時、その瞬間、心を交わせられたかっていうことの方が、よほど重要なんじゃないかと感じます。

一回一回の路上ライブで心を交わしたことが、聞いて下さった方の人生の布石になっていけたら、こんなに素晴らしいことはないなと思います。

小さな障害に怯んでいられないですね。

ではまた。


カテゴリー:BLOG